【矢沢永吉】ライブ強行で避難所殺到・迷惑行為はデマ?悪いのはどっち?

9月18日、矢沢永吉さん(73)が、デビュー50周年記念全国ツアー「MY WAY」の福岡公演を決行。

台風14号接近のため、開催が危ぶまれていたが「開催してほしい」という要望を取り入れ、開催に踏み切りました。

公式サイトでは「9月18日(日)福岡PayPayドーム公演について」と題し、「この度の台風14号の上陸における福岡PayPayドームの公演について、判断に時間を要し、誠に申し訳ございませんでした」と謝罪しながら「情報を収集したところ、福岡に本格的に上陸するのは18日の夜と確認しております。当然夕方前くらいから雨や風が強まるのは承知しております」と前置きした。

続けて「ただ福岡ドームは屋根があり、頑丈に作られた会場であること。雨風が中に入ってこないこと。そして何より『矢沢さん!中止しないでください!』『開催して下さい!』というお声がものすごい数のメールが届いております」と報告し、「こういった事により、福岡PayPayドームのコンサートを決行することに決めました」と報告した。

引用元:news.yahoo.co.jp

しかし、ライブ開催したものの、終了後には台風の影響で公共交通機関が軒並みダウン。

帰宅難民が大量発生。

そして、ホテルや避難所で迷惑行為を繰り返しているらしい…というツイートが出回りました。

しかし、どうやら帰宅難民は本当のようですが、迷惑行為はデマのようです。

なぜそんなデマを流したのか…

今回は矢沢永吉さんのライブ参加者の実際の声をご紹介していきます。

目次

矢沢永吉、ライブを強行し帰宅困難者が大量発生

冒頭の公式ホームページからの説明にもある通り、運営はライブ終了後に雨風が強くなることを承知の上で開催しています。

なぜなら「開催」自体はドームの中なので問題がないから。

しかし、その結果、帰宅難民が大量発生しました。

帰宅困難となったファンが迷惑行為

さらに、帰宅困難者となったファンが迷惑行為を行っているという情報がTwitterで流れました。

しかし、どうやらこの迷惑行為はデマらしいです。

矢沢永吉ライブの帰宅困難者は本当、迷惑行為はデマ

矢沢永吉ファンが迷惑行為をしたというデマが広まった理由

これは推測ですが、台風が来るにも関わらず、開催を強行した矢沢サイドに批判的な人物が「帰宅困難者がいる」という情報からネガティブキャンペーンのために流した情報なのではないでしょうか。

ライブに行かない判断をした場合、返金対応もあったようなので、ライブ参加者は自己責任というのを重々承知で参加しているはず。

それでも、開催自体に不満を持つ人というのは存在するのでしょう。

そういった批判勢がこの噂を流したのかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次