神田沙也加さんが前山剛久から受けた罵倒音声。見るに耐えないその内容とは…


昨年12月18日に急逝した女優の神田沙也加(享年35)。亡くなる直前に、交際相手の俳優と激しく口論する音声が存在していることが、「週刊文春」の取材でわかった。中には、「死ね」などと罵倒を受ける場面もあった。

出典:週刊文春


目次

神田沙也加さんの精神的苦痛

口論に至った経緯は詳しくわかっていませんが、前山氏が神田沙也加さんに無断で契約したマンションが原因のようです。

同棲も決まっていたにも関わらず、別のマンションを契約した前山氏。

恐らく元カノが関係してくるのでしょうが、神田沙也加さんが負っていた精神的苦痛は想像をはるかに超えるものでしょう。

かなり直接的で暴力的な言葉もあったと報じられていますが、冗談でも言ってはいけない言葉です。

前山氏がどんな気持ちで言ったのか。それは分かりませんが最悪の事態は想定していなかったように感じます。


実際のやり取り


SNSの反応


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる