平手友梨奈が六本木クラスを救う?本家越えの演技力が話題に!

2022年7月7日(木)21時~テレビ朝日にて現在放送中のドラマ、六本木クラス。

世界中で大ヒットした韓国ドラマ「梨泰院クラス」の日本リメイク版が発表され発表されてから注目の作品でしたね。

視聴率が毎週下がっており、SNSでも不評な声が増えていましたが
7月28日(木)放送の第4話で視聴率が回復しました。

なんと視聴率回復のキーパーソンとなったのが平手友梨奈(ひらてゆりな)さん。
本家、梨泰院クラス越えの演技力だとSNSで話題になっています。

一体どんな演技で視聴率があがったのか、演技力や今後の六本木クラスの注目ポイントも含め
調査したいと思います!


目次

平手友梨奈登場で六本木クラス視聴率アップ?

韓国ドラマ「梨泰院クラス」のリメイク版の「六本木クラス」

放送初回は9.6%だった視聴率も、8.6%、7.0%と回を追うごとに右肩下がりの数字となっており、
少し不評でしたが、第4話で8.1%へ回復。

今回、視聴率を回復した要因が平手友梨奈さんでした。

簡単に平手友梨奈さんのプロフィールについてご紹介します。

名前:平手 友梨奈(ひらて ゆりな)
生年月日:2001年6月25日(21歳)
出身地:愛知県
職業:女優・モデル・歌手・ダンサー
愛称:てち
※欅坂46の元メンバー


4話目は平手さん演じる麻宮葵の活躍ターンでした。

二代目みやべが営業停止になり、その間にリニューアルオープンをするため、
インフルエンサーである葵がアドバイスをしたり、二代目みやべの食事の味も葵がアドバイス。
葵と新の関係が少し発展したりと最初から最後まで平手さん回でした。

平手さんは物語の中ではヒロインポジションとなり、重要な役割となります。

韓国版はキム・ダミさんが演じたイソはとても高評価で今回日本リメイク版をやるにあたり
かなりのプレッシャーだったと思います。

しかし、今回の六本木クラスで、本家越えとまで言われるほどの演技力で話題になっています。
一体どんな演技が本家越えと言われているのでしょうか。

本家越えのダンスレッスン!くねくねダンスが話題

物語でクラブでナンパする方法として平手さんがダンスレクチャーをするシーン。

こちらのダンスが本家梨泰院クラスのシーンを越え、SNSでは「平手ちゃん可愛すぎる!」
「小悪魔だ」「このシーンは好きすぎる」
と圧倒的人気のシーンとなっていました。

もちろん本家越えしているというのはダンスレッスンのシーンのみならず、
目力や、変顔など、表情がとても豊かで、そういった点からも本家越えの
演技力であると話題
になっています。

今後の六本木クラスでの平手友梨奈の注目ポイント

以降は韓国版梨泰院クラスのネタバレを含みます。
日本リメイク版を楽しみにしている方はご覧になる際は注意ください。

5話目以降の注目ポイントはなんといっても、平手さん演じる麻宮葵と竹内さん演じる宮部新の
恋愛模様
ではないでしょうか。

葵の活躍により、どんどん人気になる二代目みやべ、多く時間をともにしていき、
恋へと発展していく姿が描かれるのではないでしょうか。

同時に新木さん演じるライバル、楠木優香とのバチバチする姿も期待できますね。

どんどん新の事を好きになっていく葵の可愛らしい姿が見れると思うと楽しみですね!

平手さんを含め出演者皆さんの演技力で
どんどん視聴率がアップすることを期待したいですね!

あわせて読みたい
- YouTube YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たã...

原作では後半に誘拐事件なんかもありますが、日本リメイク版では話数的に収まらない可能性が
高いため、後半は長屋との、最終対決で終わるか、オリジナル要素があると考察
しています。

どんな展開になっていくのか、今から最終回が楽しみですね。

まとめ

今回は韓国ドラマ「梨泰院クラス」の日本リメイク版「六本木クラス」に出演中の
平手友梨奈(ひらてゆりな)さんの演技力が本家梨泰院クラス越えだと話題になっている件について調査しました。

いかがでしたでしょうか。

1話~3話まで視聴率が右肩下がりだったが、第4話の平手さんが活躍する回で
視聴率が1.1ポイント回復。
そして平手さんの演技力に注目が集まっています。

ダンスレッスンのシーンではセクシーなダンスが色っぽく小悪魔な姿にかなりの話題に。
それ以外にも表情豊かな演技力が本家梨泰院クラスを越えているとSNSで話題になっています。

今後5話目以降、どのような表情を見せてくれるのでしょうか。
とても楽しみですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次